投稿日:

これからが旬のブロッコリーをどうぞ!

burokkori-

様々な種類のブロッコリーが出荷されます
11月から3月ごろが最も旬のブロッコリーは、まさにこれからが最盛期。
アブラナ科アブラナ属の植物で花のつぼみ、つまり花蕾(からい)を食す野菜として知られているブロッコリー。ブロッコリーの祖先は実はケールです。売っている状態で見ると似ても似つかないブロッコリーとケールですが、ブロッコリの葉とケールの形を見ると納得できます。ちなみにそのケールから見ると、意外にもケールの仲間に近いのはブロッコリーよりもカリフラワーだそうです。

ブロッコリーは、日本人にとっては比較的新しい野菜のイメージがあるかもしれませんが、地中海沿岸が原産とされその歴史はローマ時代まで遡ります。イタリアを中心に日常的に食べられていたブロッコリーは、その後19世紀になってアメリカに渡りました。日本には、明治時代にカリフラワーとともに入ってきました。
近年、ブロッコリーの仲間もたくさん増え、茎ブロッコリーの種類でもある、ステックセニョール、はなっこりー、アレッタなどや、発芽直後の新芽を食べるブロッコリースプラウト、花蕾が鮮やかな紫色の紫ブロッコリーなどが様々な種類があります。

ブロッコリーはガン予防の特効薬!
ブロッコリーは100g食べれば、1日分のビタミンCが摂取できるというほど栄養抜群。その量はキャベツの3倍以上です。
また、ガン抑制効果の高いスルフォラファンを含み、抗酸化作用も高い効果が期待できます。
他にも動脈硬化や心筋梗塞の予防にも効果があり、栄養面でもまさに緑黄色野菜の代表格です。
普段食べられているのは主に花蕾の部分。しかし、実は捨てられがちな茎の部分にも花蕾と同様のビタミンCやβカロテンが含まれている上、食物繊維などは花蕾よりも多く含まれています。
蒸し料理やレンジを使うことでビタミンの流出を抑えることができます。茎の部分を捨てるのは非常にもったいないことがわかります。
ブロッコリーはあまり日持ちのしない野菜です。花蕾を食べる野菜のため花が咲き始めて表面の蕾が黄色くなると、鮮度を失い茎も栄養価を奪われるため美味しくありません。新鮮なブロッコリーほど花蕾の部分が密で、こんもりしていて茎もしっかりとしています。是非そんなブロッコリーをMOGUでご注文ください。