投稿日:

冬に咲く純白の花蕾、カリフラワー

IMG_9302

”体の中から綺麗にする野菜”
カリフラワーの旬は11月〜3月です。蕾の集合体である花蕾が白く、見た目にも冬を思わせる野菜です。カリフラワーのルーツを探ると、ブロッコリーと同様、地中海沿岸の不結球のキャベツ、ケールに辿りつきます。違うのは、ブロッコリーは側枝がいくつも出てそれぞれに花蕾をつけたものであるのに対して、カリフラワーは茎の頂きの蕾の集まりだというところ。
美容効果に優れた栄養素として、ビタミンCがありますが、カリフラワーはこのビタミンCを多く含んでおり、しかも茹でても損失量が少ないのでビタミンCの供給源として非常に優れた野菜です。糖の代謝を促し疲労物質を排出するビタミンB1や脂肪を効率よく代謝し、目や皮膚や粘膜の健康を保つビタミンB2も多く含まれています。ミネラル類では高血圧を抑制するカリウムも豊富。アブラナ科の野菜が共通して持っているグルコシノレートは肝臓の解毒作用を強くし、有害物質を分解する成分です。カリフラワーにもこの成分がしっかりと含まれています。まさに体の中から綺麗にしてくれる野菜なのです。
”黄色、紫、ライムグリーン…様々な色のカリフラワー”
カリフラワーはブロッコリーよりも柔らかく、色も主に白なので、表面が変色したり粉をふいたりしてまうことがありますので、保存の仕方も気を使ってあげてください。20℃以上のところに置いておくと、花蕾が開いてしまうので、新聞紙などに包んで冷蔵庫で保管しましょう。3〜5日持ちますし、鮮度が心配なら茹でて冷蔵することもできます。
カリフラワーは花蕾が固く締まっていて、みずみずしくずっしりと重たいものが良いカリフラワーの条件です。茎が太い方が柔らかくて甘さもあるため、その辺りも確認してみてください。
一般的にはカリフラワーは白いものというイメージが強いですが、近年は様々な色や種類のカリフラワーが栽培されています。紫色やオレンジ、ライムグリーン、ロマネスコなど様々な料理に生える見た目にも美しいカリフラワーがあります。カリフラワーをこの旬の時期にぜひお使いください。