投稿日:

クレソンは最強野菜!17種類の栄養素!

kureson

2014年、アメリカの疾患予防管理センターという機関が発表した「最も栄養素の高い果物と野菜のトップ41」の堂々1位を誇る野菜が「クレソン」だそうです。実際、ステーキの横などに添えられており、メインとなるような食材ではありません。しかしながらただの付け合わせはなく、最も栄養素の高い野菜として話題なのです。

”クレソンはスーパーフード?!”
クレソンはヨーロッパが原産の水生植物です。日本には明治時代に持ち込まれたとされていますが、非常に繁殖力旺盛なので、現在では各地の河川敷や小川に群生しています。切って販売されているものでも、水に浸しておくと数日で茎の部分から根を伸ばし、そのまま栽培することができます。市場に流通しているもののほとんどが栽培物です。英語では「ウォータークレス」、和名では「オランダ水がらし」とも呼ばれ、すがすがしい風味と大根にも似た辛味を持っています。よくステーキなどの肉量にの脇に添えられているのは、レフォール(西洋わさび)が添えられているのと同じで、特有の風味と辛味が肉の脂っぽさを緩和してくれるからなんです。

クレソンには17種類の栄養素を豊富に含んでいることから野菜のスーパーフードといわれています。その17種類は、カルシウム、食物繊維、カリウム、たんぱく質、葉酸、鉄、亜鉛、ナイアシン、チアミン、リボフラミン、ビタミンAB6、B12、C、D、E、Kになります。

”クレソンの食欲増進効果!”
クレソンの辛みは、わさびや大根などにも含まれているシニグリンという成分によるもので、利尿効果の他、食欲を増進させる効果もあります。
霜にあたったクレソンは葉が赤黒くなるが甘みがますします。

”クレソンの選び方”
葉がたくさん付いていて香りが強く、全体に張りがあるものがおすすめです。葉がしおれているものや、切り口が黒ずんだものは鮮度が落ちています。また、茎はあまり太くないほうが口当たりがよいとされます。

露地物の場合、5月中旬頃になると葉先に花の付いたものも出てきますが、花が開いたものは茎がかためです。生食するのであれば花のないものを選びましょう。