投稿日:

鮮やかな色合いが美しい紫キャベツ

murasakikyabetu

普通のキャベツとの違いは?
アブラナ科アブラナ属のキャベツの一種、別名「レッドキャベツ」「赤キャベツ」とも呼ばれています。よく見る普通のキャベツよりも少し小さく、葉は表も裏も紫色をしています。切ると断面は、葉脈の白色が表面の赤と合間ってそのコントラストが非常に美しいキャベツです。形は綺麗に球体で、品種によっても違いはありますが、普通のキャベツよりも厚みがあるのが特徴です。普通のキャベツとの味の違いは、キャベツに比べて青臭さが少なく、苦味があります。

紫の色素は「アントシアニン」
紫色の色素は煮ると煮汁が紫色になってしまいます。この煮汁は酸性、アルカリ性を判別するリトマス紙のような機能があり、酸性のものを加えると赤く色が変わり、アルカリ性のものを加えると緑色になります。酢を加えると赤くなるので、紫キャベツを酢漬けなどにすると紫色ではなく赤いキャベツになります。
普通のキャベツよりもビタミンCが豊富に含まれています。シミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を阻害する効果があるんですよ。
気になるのは、選び方。一般的なキャベツと同じように、持ったときにずっしりと重いものを選びましょう。特に赤キャベツはしっかりと巻きが強いため、そのずっしり感はより感じやすいと思います。そして、葉の表面は粉が付いている感じに白っぽいもの、なるべく葉先が薄いものが新鮮です。