投稿日:

様々なナバナ(菜花)があるってご存知ですか?

nabana

春の訪れを告げる野菜。ナバナはアブラナ科の花の総称です。
菜の花などのつぼみと花茎、若葉をナバナといいます。コマツナやハクサイ、チンゲンサイなどのアブラナ科の野菜は、若いうちの葉を食べますが、収穫せずにそのまま育てると、ナバナとして食べられます。

抜群の栄養価ナバナ
トップクラスの栄養価を誇る春ならではの野菜。ビタミンCの含有量は野菜の中でトップクラス。白血球の働きを強めることで、風邪などの病気に対する免疫力を高め、貧血予防や、コラーゲンの育成を促進するなどの美肌効果もあります。他にカロテン、ビタミンC、B1、B2、葉酸、カルシウム、鉄分などのビタミン類やミネラル類が豊富です。

古くから親しまれたナバナのおすすめ料理

東京の伝統野菜「江戸東京野菜」のひとつとして数えられています。「のらぼうな」と呼ばれ、東京の西部を中心に江戸時代から栽培が始まりました。花茎と若葉が軟らかく、一般的な菜の花よりも苦みが少ないです。独特のほろ苦さをいかして、生やおひたしでも美味しくいただけますが、豚肉やベーコン、ごまなど、油脂分があって香りの強いものとの相性も抜群です。

季節の副菜には菜花のからし和えもおすすめです。たっぷり春を感じてくださいね。