投稿日:

料理を彩るパプリカが旬の時期を迎えています!

papurika

パプリカとカラーピーマンの違いは?

この時期果菜類がたくさん出荷されますが、中でもパプリカは赤や黄色、オレンジといった色がとても美しく、サラダでも一際鮮やかな彩りを演出してくれる野菜の一つです。
見た目がよく似ているパプリカとピーマンですが、パプリカとピーマンの違いについて、植物としての明確な定義はありません。ではどのように名前がついているかと言うと、味と実の厚みで分類されています。
ピーマンは未熟果を収穫しているため緑色ですが、成熟が進むにつれて緑色から黄色、そして赤色に変化していきます。これをカラーピーマンとして店頭で販売されていることが足ますね。

色によって栄養価が違う!

ピーマンは、特に緑色のものは苦味があり、果肉も薄く、パプリカに比べると小さいのが特徴です。
パプリカはピーマンよりも苦味が少なく、果肉が厚く、特に色つきのものは栄養価も非常に高い特徴があります。
パプリカは色により、含まれている栄養素の量も異なります。特に赤のパプリカが断トツ高いのでおススメです。赤パプリカのビタミンCは、レモンやピーマンの2倍。ビタミンEはピーマンと比べると5倍と、豊富なビタミンを含んでいます。そしてパプリカのビタミンCは熱を加えても壊れることがない優れものなのです。